必見!恋愛したい社会人が付き合う前のデートで気をつけること

必見!恋愛したい社会人が付き合う前のデートで気をつけること

必見!恋愛したい社会人が付き合う前のデートで気をつけること

 

 

・次回につながるデートをしよう

 

素敵な恋愛をしたいと思っている人のなかには、デートをしても次につながらないという悩みをもっている人もいると思います。

 

社会人になると、ちょっと気になる人がいたりすると、付き合う前に何度かデートをしてみてから付き合うかどうかを判断するというケースが多いと思います。そのデートまではこぎつけることができるけど、次のデートにつなげることができなかったり、お付き合いまで進展しないという人もいると思います。

 

では、次のデートにつなげたり、付き合ってもいいかなと相手に思ってもらうためには、どういった点に注意すれば良いのでしょうか。

 

 

 

 

・社会人としてのマナーを守る

 

社会人のマナーをきちんと守るというのは最低条件です。社会人のマナーを軽視し、常識がない人と判断されてしまうと、相手の恋愛対象や恋人候補から外れてしまうことになるでしょう。

 

待ち合わせの時間をきちんと守らなかったり、ドタキャンしたりするのはもちろんNGですし、身だしなみが整っていないのもNGです。また、デート中にお店に入った時の店員に対する態度などでも、人柄がでるので横柄な態度をとったりしないように注意しましょう。

 

・相手任せにしない

 

デートをするときに、相手任せにしないということも大切です。デートプランに自信がなかったり、相手に気をつかって好きなようにやってもらおうと、お任せにしている人もいると思います。

 

しかし、デートを全て任されるとプレッシャーになりますし、自分とのデートを楽しむ気があまりないのではないかと思われてしまいます。何か希望があるかと聞かれたら、アバウトでもいいので自分の希望をしっかり伝えるようにしましょう。

 

そして、相手任せになってしまったなという時は、いろいろと考えてくれたことに対して感謝の言葉を忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

・聞き役に徹するは逆効果

 

恋愛の駆け引きで、自分のことばかり話すのではなく聞き役に徹した方が良いということは、世間でもよく言われていることですよね。

 

しかし、付き合う前のデートでは聞き役に徹するばかりでは、相手に良い印象を与えることができません。

 

付き合う前のデートは、お互いのことを知り合うことが大切です。それなのに相手の話ばかり聞いていては、相手に自分の情報を与えることができませんし、次も会いたいと思ってもらいにくくなります。

 

デートをしようという間柄ということは、相手もあなたのことを知りたいと思っているわけなので、自分のプライベートの話をしたり、相手に対して聞きたいことは積極的に質問していきましょう。

 

次のような記事も見てくださいね。

 

 

目安はどれくらい?片思いしている社会人がメールする頻度