目安はどれくらい?片思いしている社会人がメールする頻度

目安はどれくらい?片思いしている社会人がメールする頻度

目安はどれくらい?片思いしている社会人がメールする頻度

 

 

・マメにメールした方がいい?

 

片思いしている人が相手にアプローチする方法として、メールは非常に有効な手段です。片思いしている人と、面と向かってだとなかなか思うように話すことができないという人でも、メールならやりとりできるという人もたくさんいるでしょう。

 

ただし、メールを送る際に注意したいのが、メールを送る頻度です。

 

社会人の男性だと、メールは連絡事項など最低限しか行わないという人も少なくないので、片思いしている女性が男性にメールを送る場合、あまり頻繁に送ってしまうと面倒に思われてしまう可能性があります。

 

また、マメな男性はモテると言われているので、片思いの男性が女性にメールする際もマメに送った方がいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、いきなり頻繁にメールを送るのはNGです。

 

お互いが好意をもって楽しくメールのやり取りをしているのであれば問題ありませんが、片思いの段階で頻繁にメールを送っていると自分だけ一方的に盛り上がっていて、相手はひいてしまっているという状態になってしまう可能性が高いです。

 

礼儀として送られてきたメールにはちゃんと返信するという人も多いので、それを好意があると勘違いして、どんどんメールを送ってしまわないように注意が必要です。

 

そうならないためにも、会話は自分だけ盛りあがってしまっていないかということや、「明日仕事早い」「寝不足」など、メールを終わらせたいということを暗に伝えてきていないかを意識して、メールのやり取りをしましょう。

 

 

 

 

・ちょうどよいメールの頻度の目安とは

 

片思いしている人は、片思いしている人とのメールのやり取りなら、ずっとやっていたいと思うかもしれませんが、頻繁にメールを送るのは控えるべきです。特に相手が社会人である場合は、相手の生活リズムを考えてメールを送る必要があります。

 

片思いしていて、一方的にアプローチしている段階では、相手の生活リズムに支障が出ない程度の頻度でメールを送るべきでしょう。メールで文章を送る頻度は、多くても1日2回もしくは3回程度に留めておくと良いでしょう。

 

もちろん話が盛りあがっている時は回数にこだわる必要ありませんし、挨拶程度の短い文章やLINEスタンプなどであれば、もう少し頻度を増やしてもいいと思います。(それでも、多過ぎると良い印象はもってもらえない可能性が高いです)

 

また、頻度を抑えたら伝えたいことが全部伝えきれないからといって、一度のメールに伝えたい内容を詰め込みすぎないように注意が必要です。

 

下記の記事もチェックしてくださいね。

 

 

詳しく調査!片思いをした社会人の恋愛について